スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

海街diary 1 [漫画コミック]

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃海街diary (1)
吉田 秋生 (2007/04/26)
小学館 [まんがコミック]
価格:¥ 530 (税込)
この商品の詳細を見る

海の見える街、古都・鎌倉を舞台に清新なタッチで描く、家族の喪失と再生のものがたり。
吉田秋生が新境地に挑む、畢生(ひっせい)の感動シリーズ!

男の部屋で朝を迎えた三姉妹の次女・佳乃(よしの)に父の訃報(ふほう)が届いた。
母との離婚で長い間会っていない父の死に、なんの感慨もわかない佳乃は…。鎌倉(かまくら)を舞台に家族の「絆(きずな)」を描いた限りなく切なく、限りなく優しい吉田秋生の新シリーズ!!

カスタマーレビュー

読者口コミ評価やはり吉田作品
稀代のストーリーテラーだと思います。
あの BANANA FISH のあと、これを超える作品は難しいのではないかと、そしてその後続いた YASHA (科学的にみてストーリーに無理があったので私としては☆3つ)などで「クールな容貌でかっこいい男の子が主人公の作品がウリ」になってしまってはさみしいと思っていましたが、
この新作品では見事マイナスの予感を裏切ってくれました。
BANNA FISH もそうでしたが、絆というものを上手に描く作家なのだと思い知らされました。

久々に読んでいて胸が高鳴りました。次巻が楽しみです。
そして、ある程度年齢を重ねた方にこそ読んでみてほしいお勧めの作品です。

続きを読む >>

砂時計 (4) [マンガコミック]

砂時計 (4)砂時計 (4) [まんがコミック]
芦原 妃名子
小学館 (2004/08/26)
この商品の詳細を見る

藤が失踪した。不安な気持ちを抱えたまま、島根で大悟と冬休みを過ごす杏。母の死から4年たった今でも、冬という季節は杏の古傷をうずかせる。そんな時は大悟の存在がなおさら温かく感じられるはずなのに、4年の歳月は2人の関係を微妙に変え…!? 現在、過去、未来をつなぐ恋の物語、第4巻!!

カスタマーレビュー
口コミ評価杏がんばれ!
杏の弱い部分が一気にでてきて、読んでてハラハラしてしまいました。大悟もそんな杏を受け止めようと必死だけど、杏の心の傷は大きくて。。。
いろんな想いに取り巻かれながら人として女として成長していく杏、4年前の冬の痛みを乗り越えることができるのか。。。続きが気になります。
初めて読む人は1巻から通して読むことをおすすめします。

続きを読む >>

砂時計 (3) [マンガコミック]

砂時計 (3) (Betsucomiフラワーコミックス)砂時計 (3)芦原 妃名子小学館 (2004/04/26)この商品の詳細を見る

不器用でもまっすぐな恋をする杏と大悟だが、杏の父親との再会によって2人の仲は一変する。形は違えど亡き母を想う父と東京での生活を杏は選び大悟との遠距離恋愛が始まった。一方で、名門月島家の跡取りとして同じ東京で暮らし始めた藤だが…。
現在、過去、未来をつなぐ恋の物語、第3巻!!

植草杏、12歳。両親の離婚を機に母親の実家・島根に越してきた。田舎独特の雰囲気をなれなれしくプライバシーが無いと感じた杏。
だが、近所に住む大悟と知り合い、徐々に自分の居場所を見つけていき…?

続きを読む >>

砂時計 (2) [マンガコミック]

砂時計 (2) (Betsucomiフラワーコミックス)砂時計 (2) [まんがコミック]芦原 妃名子 小学館 (2003/12/19)この商品の詳細を見る

植草杏、12歳。両親の離婚を機に母親の実家・島根に越してきた。田舎独特の雰囲気をなれなれしくプライバシーが無いと感じた杏。だが、近所に住む大悟と知り合い、徐々に自分の居場所を見つけるのだった。
しかし、彼女を支える母親が仕事中に倒れて…!?

カスタマーレビュー

口コミ評価まさに砂時計
これは、杏と大悟の切ない恋の話です。1話ごとに話がまとまっていて、まるで砂時計のように表されています。大事なモノが1つじゃない、だから選択しなきゃいけないのです。いくら好きでも、そばにいることができない時もあるんだナァと思いました。杏のまっすぐな思い。大悟のちょっとした優しさ。そして友情から恋へ。心の変化がすごく細かく描かれています。
中高生の人は自分と重なる部分もあると思います。ぜひ読んでみてください。

続きを読む >>

砂時計 (1) [マンガコミック]

砂時計 (1)砂時計 (1) [まんがコミック]芦原 妃名子
小学館 (2003/8/23)
この商品の詳細を見る

植草杏、12歳。両親の離婚を機に母親の実家・島根に越してきた。田舎独特の雰囲気をなれなれしくプライバシーが無いと感じた杏。だが、近所に住む大悟と知り合い、徐々に自分の居場所を見つけるのだった。しかし、彼女を支える母親が仕事中に倒れて…!?現在、過去、未来をつなぐ恋の物語、第1巻!

カスタマーレビュー
口コミ評価オススメNo.1☆
何気なく本屋によったところ、私の目を釘付けにしたのがこの『砂時計』。だって、すっごく表紙がキレイだったから!即、購入しました(笑)
読んでみたら、内容もすごく面白いではないですか!!主人公「杏」の両親が離婚し、母親の実家に引っ越してきたことに加えて母親が自殺してしまう…という1巻から予測不可能な展開が繰り広げられます。当然落ち込む杏を、引っ越してきて初めに会った「大吾」が「俺がずっと一緒におっちゃるけん」と励ますんです!もう、涙なしでは読めません(T-T)その後、大吾と気持ちを確かめ合うまでに、ライバルが登場したりと読者を飽きさせないのです!私は、なによりも大吾の方言がすっごく好きなんですけどね(笑)
何人か友達にこの本を貸したところ、読んだ友達は全員「面白かった!!」と大好評で、なんと自分で買うと言い出した友達もいるほどです。是非、読んで見てください☆あなたも、絶対はまりますよ!

口コミ評価ハマリました。
近所の本屋さんで、平積みされていたのと、表紙の絵が可愛かったので、まとめ買い。
はっきし言って、はまりました。現在6巻までで、続きがすご~く気になりますが。1巻の初めの数ページからして、杏は大悟君とも藤君ともくっつかないのかな?と思いますが、分からないですね。
最近、ラストにどんでん返しがあるストーリーにはまっているんで、予想外の展開を期待しています。
ですが、実は私、杏ちゃんってあんまり好きじゃないんですね。性格は良いんですが、いかんせん、すぐ人を殴るあたりが。まさに手が早いです(笑)
続きを読む >>

そんなんじゃねえよ (2) [マンガコミック]

そんなんじゃねえよ(2)そんなんじゃねえよ (2) [まんがコミック]
和泉 かねよし
小学館 (2003/07/26)
この商品の詳細を見る

超シスコンの哲&烈に、振り回されまくりの静。
ごく普通の恋愛がしたいのに、彼らのおかげで (?)ドタバタ劇が絶えない毎日。そんな真宮家に再び衝撃が走る!!
 「静・養女疑惑」が晴れたのも束の間、今度は哲と烈のどちらかが養子であることが判明。
偶然その秘密を知ってしまった静の運命は…!?

続きを読む >>

そんなんじゃねえよ (1) [マンガコミック]

そんなんじゃねえよ (1)そんなんじゃねえよ (1) [まんがコミック]
和泉 かねよし小学館 (2003/03/26)
この商品の詳細を見る

史上最強の美形双子・哲&烈。悲運にも(?)そんな彼らに溺愛される妹・静は、彼氏いない歴 16年!一方で哲と烈は超モテモテなのに、なぜか静にしか愛を感じない筋金入りのシスコンである。ひとつ屋根の下、弱肉強食の思春期ライフを送る3人だが、「静・養女説」が浮上して?待望の第1巻。

カスタマーレビュー
読者口コミ評価少女マンガが苦手な人にも…
画面的にも内容的にもかなりわかりやすくすっきりしてます。
ストレス解消系なので少女マンガが苦手な人にもおすすめできると思う。繊細で恋心を綴った…といった少女マンガではありませんがエンターテイメントとしては魅力十分かと。
一度人に借りて読みましたが、私は欲しくなって結局購入しました。

続きを読む >>